美容

【セルフネイルならコレ!】バイネイルラボのメリットや持ちなど徹底解説!

美容
この記事は約8分で読めます。

可愛くなりたいからネイルをしたい!けどネイルは高い…と悩む人は多いはずです。だからマニュキアにしてみたもののマニキュアはすぐ剥がれて綺麗じゃないから嫌だという人も多いはずです。本日はそんな人に向けてセルフネイル界でも非常に有名なバイネイルの特徴を徹底的に紹介していこうと思います!是非参考にしてみてくださいね!

Sponsored Links

バイネイルラボとは?

バイネイルラボとは

バイネイルラボとはプロも使用するネイルの製品出品しているネイルラボが制作するセルフネイル商品です!
セルフネイルって本当に上手にできるの?本当にUVだけでネイルが固まるの?と不安になる人もいるかもしれませんが、ジェルネイルはネイルの中にUVを当てることによって固まる成分が含まれているので問題なくお家で使用することができます!

特にバイネイルラボの商品はプロも使用するネイル機器を作り出しているネイルラボによって行っているため機械の質は安心して良さそうです!

色の種類が多くて便利!

ネイルをするとなると、色がどれだけ使えるかというのが重要ですよね!
バイネイルラボの製品は色の種類も非常に豊富で全部で約135種類もの色があります。
同じピンク色でもくすみがかった色や発色の良いものまでその種類は豊富です!

また、好みの色が見つからなかった場合も硬化波長が同じネイルを使用すれば他の会社の製品でも使用することができるので色の心配はする必要はなさそうです!

持ちは平均3週間程度!

ネイルをするとなるときになるのはどれくらい持つかということですよね…
バイネイルの持ちは大体3週間程度と考えて良さそうです!
伸び方としてはマニュキアのように途中剥がれて汚くなってくるため交換というよりは単純に爪が伸びてしまって根元の部分が気になってしまうため交換する場合が多いと個人的に感じました!

なので社会人向けの透明っぽいネイルやグラデーションネイルを行えば根元の新しく生えてきた爪が気にならなくなりさらに持ちの期間は長くなるでしょう!

バイネイルの使い方!

バイネイルを塗る方法!

セルフネイルの使い方といってもその機械によって使い方は違っているので今回はバイネイルの使い方を紹介していこうと思います!

①爪の形を整える
②甘皮を押し上げる
③爪の表面の汚れを取る
④ベースジェルを塗る
⑤はみ出したジェルをウッドスティックで取り除き硬化させる
⑥カラージェルを塗り硬化させる×2回
⑦トップコートを塗り硬化させる
⑧クリーナーで未硬化ジェルを拭き取る

セルフネイルの全行程は上記のようになります!
セルフネイルにかかる時間は1時間程度です!
慣れればもっと早くなるのですが、最初の方はこれくらいかかると思っておいてくださいね!
バイネイルの機械は指を5本とも入れることができないため使用する際は数本ずつに分けてするようにしてくださいね!
それでは各工程について気をつけるポイントやコツを踏まえながら解説していくので是非参考にしてみてください!

①爪の形を整える

まず始めに爪の形を整えていきます!
爪の形はスクエア型やラウンド型など非常にたくさんのものがあるので自分の好みの形に整えるようにしてくださいね!
爪切りで爪を整え終わったらネイルファイルで細かいところを微調節していきましょう!

②甘皮を押し上げる

まず始めに甘皮を押し上げていきます!
甘皮とは爪の付け根のところにある薄い皮膚のことです。
一見この甘皮は放っておいてもいいんじゃないか?と思うかもしれませんが、甘皮は人によっては左右の長さが違ったり広く甘皮を取り過ぎていて爪の面積が小さくなっていたりします。
貝殻爪だと思っている人でもこの甘皮を取ることでたて長にみせることができるのでしっかり甘皮を押し上げるようにしてくださいね!

③爪の脂分を拭き取る

甘皮を押し上げたら爪の汚れや油分をティッシュなどでふき取るようにしましょう!
バイネイルラボのネイルは普通のネイルの工程で行う丸々がありません。
よって、サンディの工程がないことは爪の厚さを減らさず健康な爪を守るという点では便利なのですがネイルと爪の密着度を低下させてしまうためしっかりと汚れを拭き取ることが重要です!

④ベースコートを塗る

爪のメンテナンスが終わったら、早速ベースコートを塗っていきましょう!
トップコートはネイルの基礎を決める大事な基盤になるので爪全体にしっかりと塗るようにしましょう!
また、正面から見たときに見える爪の断面の部分もしっかりと塗ることで正面から見たときも綺麗な仕上がりになるので少し塗りにくいのですが先の部分までしっかりと塗るようにしましょう!

⑤はみ出したジェルをウッドスティックで取り除き硬化させる

ベースコートを塗った後に横の部分などはみ出してしまう場合もあります。
はみ出したまま硬化させてしまうと皮膚とくっついてしまい仕上がりが汚くなってしまうのでしっかりとウッドスティックで縁取りを行うようにしましょう!
ウッドスティックで取り除き終わったら、30秒間硬化させましょう!

⑥カラージェルを塗り硬化させる×2

硬化が終わったら、カラージェルを塗っていきます。
この工程は2回繰り返して行います!
2回行うことで、ジェル特有のぷっくりとした形を作ることができるのと同時に色ムラを無くすことができるのでしっかりと2回塗るようにしてくださいね!

⑦トップコートを塗り硬化させる

カラージェルを塗り終わって硬化させ終わったらトップコートを塗ります!
ネイルに装飾をしたい人はトップコートを行う際に一緒に行うと良さそうです!
シールなどで厚みが少ない場合は剥がれ防止のために全体をトップコートで覆ってしまい、厚みが大きいストーンなどの装飾をしたい場合にはトップコートを塗った上からちょこんと置くと良いでしょう!
慣れてくればネイルサロンにも負けない仕上がりにすることができるので、頑張ってみてくださいね!

⑧未硬化ジェルを拭き取る

最後に未硬化のジェルを拭き取っていきます!
普段マニキュアなどをしている人にとっては乾いてないかもしれないのに拭き取るの!?と心配になるでしょうが、しっかりと力強く拭き取ってもらってまいません!
ジェルネイルを硬化させても指で触ると指紋がついたり、糸くずがくっついてしまいます。
なので、拭き取らないでいると表面が均一にならず光沢がうまく出ない場合があるのでしっかりと表面をふき取るようにしてくださいね!
クリーナーが汚れた!クリーナーがないという人はメガネ拭きなどを代用すると良いでしょう!

オフする方法!

次にバイネイルをオフする方法に関して説明していこうと思います!
オフにかかる時間は大体30分ほどです!

①爪の表面を削る
②リムーバーを染み込ませたコットンを爪の上に置く
③アルミホイルを巻きつけ、10分間放置する
④ウッドスティックで取り除く
⑤アフターケアを行う

①爪の表面を削

まず爪の表面のトップコートの部分を削っていきます。
トップコートの表面を削ることでリムーバーをしっかり染み込ませることができるので爪に到達しない程度に爪の表面を削っていくようにしましょう!

②リムーバーを染み込ませたコットンを爪の上に置く

まず始めにリムーバーを含ませたコットンを爪の上に置いていきます!
この際はたっぷりとリムーバーをコットンに染み込ませて爪の上に置いておくようにしてくださいね!

③アルミホイルを巻きつけ、10分放置する

リムーバーを染み込ませたコットンを爪の上に置いたらしっかりとアルミホイルを巻きつけましょう!
リムーバーとして使用されることの多いアセトンは揮発性が高く放っておくと蒸発してしまいます。
なのでアルミホイルを巻いて

④ウッドスティックで取り除く

リムーバーがしみこんだらウッドスティックでネイルを剥がしていきましょう!
リムーバーがしっかりしみこんでいる場合はネイルが柔らかくなっていたり、浮き出ていたりするので問題はありません。
しかし、染み込みが甘かった場合は硬くなっていたり剥がれにくい場合があるのでこの際はサイドリムーバーを染み込ませるようにしましょう!

⑤アフターケアを行う

ネイルを剥がし終わったら、しっかりと爪のケアを行うようにしましょう!
みなさん髪の毛のカラーリングなどを行なった際はしっかりとそのあとにケアを行いますよね!
爪も同じでネイルを行なった後のケアが非常に大切になってきます。

手をしっかり洗って皮膚や爪についたリムーバーを洗い流し、爪にオイルなどを塗ってしっかりと保湿をするようにしましょう!

バイネイルラボのメリット・デメリット

バイネイルラボを使用するメリット

爪を削らなくていいから安心!

バイネイルはノンサンディングというのが特徴です!
サンディングとはネイルを行う際の下処理として爪の表面を削って表面をあえて凸凹にしていくことでネイルと爪の接着面を強固にする作業なのですが、ネイルを行うたびにこの作業を行なっていると爪が薄くなってしまうので爪に優しくないということは明白ですよね!
しかし、バイネイルは爪を削ることがないので削りすぎてネイルができないと心配する必要はなく非常に肌に優しいと言えます!

セルフネイルのためネイル代を抑えることができる!

ネイルというのは1回1回が非常に効果ですよね…
しかし、バイネイルはスタートキットをの値段が1万円ほどなので、2回分取ることができます!
さらに、凝れば凝るほど自分のお気に入りのネイルをすることができるので非常にお得ですよね!
よってセルフネイルはネイル代を格段に節約することができるのでオススメです!

バイネイルラボのデメリット

オフに時間がかかる

バイネイルはマニュキアなどに比べてオフに非常に時間がかかるのが欠点です!
特にネイルの場合はボリュームを持って何層にも重なって塗っておりムーバーを染み込ませる時間が必要になるためオフに時間がかかる傾向にあります!

バイネイルのセルフキットの購入方法

最後にバイネイルの購入方法をご説明していきます!
バイネイルはアマゾンなどで購入することができます!

さいごに

いかがだったでしょうか?
バイネイルのセルフネイルキットは商品の中身が本当に必要なものだけ含まれており一つ一つの商品の質が非常に良いものになっています!
ぜひセルフネイルスキルを習得して、安くお気に入りのネイルができるように挑戦してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました