美容

【シミやほくろが取れる?】カソーダの効果的な使い方と経過報告!

美容
この記事は約8分で読めます。
ゆりの
ゆりの

当記事を開いてくださりありがとうございます!食・美容・旅行のブログユリノネ」を執筆している”ゆりの”と申します!

「シミやほくろを取りたいけど、取るためのお金は用意できない。」そんな悩みを持っている方はいらっしゃいませんか?アメリカ発のシミ取り製品である”カソーダ”は非常に低価格でシミを取ることができると言われています。

本記事では”カソーダ””購入方法””使用方法”そして”実際に使用した感想・経過報告”を記載しています。

Sponsored Links

カソーダとは?

カソーダはアメリカで作られた製品でホクロやイボを取る目的として開発された製品です。本来は顔への使用はしてはならないとされていますが、顔へ使用した例も多くみられます。

ホクロやシミが取れる仕組みとしてはカソーダ自体がアルカリ性のクリームとなっており、徐々にシミの部分の皮膚を溶かして新しい皮膚を再生させることでホクロやシミを取っています。

カソーダはヒマシ油と重曹を原料に作られているため、カソーダを買わなくとも自分で作ることができます!

カソーダの使用方法

あいかた
あいかた

カソーダの”使用方法”について解説していくよ〜!

【時間がない人のために最初にまとめ】
①使用したいところを決める。
②清潔な爪楊枝を用いて、使用したい部分の表面に傷をつける。
③使用する部分にピンポイントでカソーダをつける。
④絆創膏や韓国の再生テープなどを貼って安静にする。
⑤毎晩と毎朝①②③④を繰り返す。

①使用したいところを決める。

まずカソーダを使用する場所を決めます。人によってうまくいくうまくいかないが分かれるので初めての使用は顔以外の部位で使用するのがオススメです。

②清潔な爪楊枝を用いて、使用したい部分の表面に傷をつける。

次に清潔な爪楊枝などを用いて、肌の表面に傷をつけていきます。傷をつけることで肌への浸透を促進させ早く効果を出すことができます。

③使用する部分にピンポイントでカソーダをつける。

実際に使用箇所にカソーダをつけていきます。このときは化粧水などを何も塗っていない乾いた肌に塗りましょう。

シミ付近に塗り広げるのではなく、”ちょん”と乗っけるつもりでおこないましょう。広範囲で塗り広げてしまうと、綺麗な肌の部分まで傷をつけてしまうので気をつけてください。

④絆創膏や韓国の再生テープなどを貼って安静にする。

次にカソーダを塗った場所に絆創膏や再生テープを貼り保護していきます。再生テープとは美容大国”韓国”で販売されている商品で日本でいうバンドエイドに近いものです。

韓国ではホクロ取りに施術の後などに美容テープが使用されます。

この工程が一番大切。炎症を起こしているときはしっかりと保護しましょう。太陽光を浴びるとメラニンが蓄積してしまうので手を抜か内容にしましょう。せっかく綺麗になってもすぐにシミができてしまいます。

個人的には絆創膏より再生テープの方がオススメです。

⑤毎晩と毎朝③④を繰り返す。

③④の作業を毎晩と毎朝くりかえします。使用を続けていくと、カソーダを塗った部分が赤みを帯びていき色が濃くなります。

その状態を何日か続けていると、自然とかさぶたが取れシミのない綺麗な肌が出現します。濃くなった時にびっくりして使用を止めてしまうと、濃くなった跡だけが残ってしまうので根気よく続けましょう。

使ってみた感想

あいかた
あいかた

次に経過報告と感想を書いていくよ〜

ゆりの
ゆりの

結論から言うと、”効果抜群”でした。

以下では7枚の写真を用いて使用中の変化を細かく述べていきます。

1日目の夜

右頬

1日目の夜の写真です。使用箇所は4カ所で、左下が一番濃いホクロ。右上が一番薄いシミです。

2日目の朝

初めは肌を傷をつけずにカソーダを塗ったので何も変化が見られませんでしたが、傷をつけたのちにカソーダを塗布するとすぐに少しヒリヒリしました。1日目の夜に塗布したところにはうっすらと赤みが出ていました。

2日目の夜

2日目の夜の写真です。少し光の具合で少し写真写りが悪くなっていますが、シミの部分が濃くなってシミの回りも少し赤くなっているのがわかります。

実際に見ても濃くなってるのがわかりました。シミが小さくぎゅーっと集まってきたような見た目でした。

3日目朝

3日目の朝はカソーダを塗っていた部分が乾燥してカサカサしていました。肌がダメージを受けているため、化粧水を塗ってもカサカサは治りません。上の二つのシミはぶよぶよして剥がれそうだったので剥がしてしまいました。

5日目

5日目は全てのかさぶたがぶよぶよしていたので剥がしてしまいました。

かさぶたを剥がすのは本当は良くないので真似しないようにしてください!赤みがかかっていますが左下にあった一番濃いホクロはすっかり取れているように感じます。

1週間後

カソーダを塗り始めてから1週間後の写真です。左下のホクロはしっかりとれ、肌の炎症も治まりつつあります。

2週間後

まだ少し炎症は残っていますが、ホクロはすっかり取れました!本当はカサブタを剥がしてはいけないのですが4日目に我慢できなくなってしまい、剥がしてしまいました。

また、剥がれてきていないのに絆創膏を剥がしてしまいました。この少し跡が残ってしまったので、使用する際は絶対にカサブタをはがさない、絆創膏がはがれてくるまで触らないようにしてください!

使用前と使用後を比べてみてもホクロがきっちりと取れているのがわかります。シミは赤みが出ていますがきちんと薄くなっています。

ゆりの
ゆりの

筆者”ゆりの”にとっては”効果抜群”でした!

あいかた
あいかた

効果の出方は人次第で”逆に濃くなってしまった”という報告もあるので、当サイトの情報を鵜呑みにせず、自己責任で使用するようにしてください。

カソーダの購入方法

カソーダはネットで購入することができます。アメリカ製日本製のものがあり、日本製のものは購入しやすいですが、アメリカ製のものは売り切れがおおく入手困難です。

カソーダ自体は元々はアメリカの製品なので、アメリカ製のものを購入することをおすすめします。

筆者がAmazonで購入した際は到着に1週間程度かかりました。カソーダ自体が売り切れやすい商品なので1週間で到着したのは結構良かったのではないかと思います。

カソーダの効果的な使い方

最後にカソーダの効果的な使い方(使用上の注意)を書いておきます!傷跡を少なく、きちんと効果を得るための参考にしてみてくださいね!

カサブタは絶対に剥がさない

カサブタは絶対に剥がさないようにしましょう。カサブタは怪我をした部分の蓋をする役割を果たしており、下には皮膚を治すための体液が溜まっています。無理に剥がしてしまうと跡が残ってしまうため、絶対に剥がさないようにしてください。

爪楊枝のスクラッチは軽く行う

効果を出すためには標的部分を爪楊枝で軽くスクラッチしますが、スクラッチを深く行うことは絶対やめてください!

顔の皮膚は非常に繊細です。深く傷をつけてしまい真皮が見えてしまった場合は傷跡が残ってしまいます。跡が残さず綺麗に仕上げるためにスクラッチは優しく、表面だけを傷つけるようにしましょう。

局所的に使用する

カソーダは肌を溶かして再生を促す薬剤です。健康な皮膚に塗布してしまうと、健康な皮膚まではがしてしまうので余計なダメージかけてしまいます。

使用したい場所にピンポイントで使用するようにしましょう。綺麗な肌を傷めず効果的に利用することができます。

大事な日の前には使用しない

使用開始から皮膚の再生が完了するために最低1週間ほどはかかります。数日以内に大事な用事があるときは使用しないようにしましょう。

急いで絆創膏を剥がしてしまうと傷跡が残ってしまいます。余裕を持って治療を行いましょう!

絆創膏は剥がさない

絆創膏は剥がれそうであっても剥がさないようにしましょう。

再生途中の皮膚は非常に繊細で、簡単な刺激でもダメージを受けてしまいます。

シミを作成するメラニンが刺激を受けて再度集まりシミの元になってしまう可能性があるので、絆創膏は途中で剥がさないようにしましょう。

再生テープを利用する

カソーダの使用時は絆創膏ではなく再生テープを使用しましょう。理由は3つあります。

1つ目。カソーダは乾燥に非常に弱く、より素早く効果を出すためには水分を保護してあげる必要があります。
再生テープは水分の保持を手助けするので利用を推奨します。

2つ目。再生テープを利用することでかさぶたを剥がしてしまう心配もなくなるため再生テープの利用は綺麗な肌を再生するために重要な要素だと言えます。

3つ目。修復したての肌は非常に弱く、仮に修復部分に日光を当ててしまうとせっかく綺麗になった部分にシミができてしまう可能性があります。再生テープは太陽光から肌を守ってくれます。

以上の理由から、カソーダを使用する際には絆創膏ではなく再生テープを使用しましょう。

最後に

シミ取りなどは一般的に高額な費用がかかりますよね。一方、カソーダは非常に低価格でチャレンジできるためオススメです。

使用の際は十分注意する必要があります。特に顔は非常に大事な部分なので自己責任で行ってください。顔に使用する前に一度体の目立たない他の部位で使用するようにしましょう!

肌に直接アプローチをするのが怖いという人はコンシーラーを使用して消すのもオススメです!プチプラで優秀と言われているザセムのコンシーラーの使用感想を書きましたので是非参考にしてみてください!

ゆりの
ゆりの

最後までお読みいただきありがとうございました!

当ブログには美容系の記事を多数記載しています!

よかったら他の記事も読んでみてくださいね!

以上”ゆりの”でした!

あなたへオススメの記事

「お肌を綺麗にしたい!」と思ってらっしゃるあなたへには下の記事がオススメです!

タイトルとURLをコピーしました