お家暮らし

【脱ズボラ】整理整頓できないをデキるに!片付けのコツ6選

お家暮らし
この記事は約5分で読めます。

時間の余裕がない、片付け場所がない、汚くてもストレスがないなど、片付けができない理由は人それぞれです。本記事ではどんな人でも片付け上手になるためのコツを6つ紹介します。

Sponsored Links

整理整頓ができない人の特徴

家具, テーブル, インテリア, ホーム, ルーム, 装飾, 生活, 誰も, 青, 壁, 鉢植え, 花, 瓶

物への執着が強く、捨てられない

整理整頓ができない人の特徴としてどのような物があるのか考えてみましょう。家の中を見渡してみてください。物が溢れているのではないでしょうか?

整理整頓ができない人の多くは、物への執着が強く「いつか使うかも」と思い捨てられない人が多いです。次第に物が増え、気づくと家の中はもので溢れています。

これでは片付けができないので使っていないものは思い切って捨てるようにしましょう。

流行と特売品が好き

整理整頓ができず、物が増えてしまう人は流行と特売品が好きなことが多いです。流行は毎年変わる物でその流行に従って物を購入していると次第に物が増えてしまいます。

また、特売品だからといって物を買い込んでしまう人も注意が必要です。必要ではないのについつい購入してしまい、買った後は使わないということにもなりかねません。

特売品や流行の品を買う前に、本当に必要なものかどうか再度検討するようにしましょう。

何事も後回しにしがち

片付けができない人の特徴として、何事も後回しにしがちという物があります。服を脱いでもハンガーにかけるのは後回し、ご飯を食べても洗い物をするのは後回しといったように何事も後回しにしてしまうことで物をためてしまうことがあります。

思い立った時に片付けをおこない、後回しにする習慣を断ち切りましょう。

部屋が綺麗になると起こる心の変化

筆者は以前まで片付けが苦手で、少し部屋が汚いくても違和感を感じていませんでした。綺麗好きになった今ではさまざまなメリットを感じています。まず、綺麗好きになった後に生じる心の変化をお伝えします。

些細な変化に気づくことができるようになる

綺麗な部屋に住むと些細な変化に気づくことができます。トイレの小さな汚れ、お風呂のちょっとしたぬめりなど、部屋が汚い人であれば許容してしまう当たり前の汚れに気付くことができます。職場や車内の環境など他の生活圏でも気付けるようになり、衛生的な生活ができます。

友達をいつ招いても大丈夫になる

部屋が汚い人は友達を家に呼ぶ場合にも障壁が生じます。友達が来ることのなったら大掃除の始まり。毎回毎回友達が来るたびに大掃除をしていてはせっかくの楽しい時間が大きな負担になってしまいます。どうやって断ろうかと考えを巡らせるのも大変です。部屋を綺麗にすることでそのような不安から解放されます。

心が軽くなる

部屋が綺麗だと単純に心が気持ちよくなります。毎日起きるたびに足の踏み場のない部屋で過ごしていては楽しくないですよね。しっかりと部屋を綺麗に保つことで素敵な朝を迎えることができ、軽い心で1日を過ごすことができるようになります。

頭の整理がスムーズになる

部屋がキレイな人は整理整頓が上手です。片付けを通して整理整頓を学ぶことで、日頃タスクに追われてゴチャゴチャになっている頭の中の整理整頓も上手になります。時間の管理が上手になり、より快適な生活をすることができますね!

整理整頓が上手になるコツ6選

1.モノの居場所を作る

片付けが上手な人はモノを直す場所がきちんと決まっています。片付けが苦手な人は直す場所が決まっているようで決まっていません。ルールがないので探す手間がかかり、余計に散らかります。 メイク用品の片付けの場合、片付けが上手な人はマスカラはココ、口紅はココときちんと区分けを作っています。細かくモノの居場所を作ることで探す手間を省くようにしています。

2.部屋の導線を意識してみる

片付けができる人は部屋の導線を意識しています。必要なものが必要なところにないという人はいませんか?例えば、メイク道具を収納している場所と実際にメイクする場所が遠いなど。この場合は収納場所とメイク場所を一致させる必要があります。そうすることでムダなものの移動を防ぎ散らかりにくい部屋を作ることができます。

3.モノを減らしてみる

片付けができない人は不要なものをため込んでいる可能性もあります。使わないのに置いている家具はありませんか?必要不要を再検討し、不要な場合は思い切って捨てましょう!迷った場合も捨てるのがおすすめです。部屋のスペースが広がり快適に過ごすことができます。

4.同じものを複数用意する勇気を持つ

必要であれば、同じものを複数用意する勇気も大切です。例えば、ティッシュ。こぼしたモノを拭く為にリビングで使用することもあれば、化粧をするために洗面台で使うこともありますよね。この場合はリビングと洗面台に1つずつティッシュを置きます。適材適所に必要なものを置くことで使うたびに移動させる必要がなくなり、散らかるのを防ぐことができます。

5.汚いと思ったら3分片付けてみる

整理整頓ができない人は片付けの優先事項が低い場合があります。はじめは少し汚いくらいだったのに、後回し後回しにして取り返しのつかないことになることもありますよね。汚いと思ったら3分だけ片付けてみましょう。帰宅直後、入浴後、食後などは気が進むのでおすすめです!

6.部屋が綺麗なことに喜びを覚える

片付けが苦手な人は常に汚い部屋で過ごすことに慣れている可能性もあります。この場合は一旦気合を入れて部屋を綺麗に片付けましょう。その後、努力してキレイな部屋を保つようにすることでキレイな部屋が当たり前になりキレイな部屋の素晴らしさを知ることができます。

片付け上手になるために

片付け上手になるためのコツをたくさん紹介しましたが、どうしても片付けが苦手な人は「なおす場所を細かく設定する」「3分の片付けから始めてみる」の2つをおこなってみてください!部屋が綺麗になることで心も明るくなり、毎日気持ちよく朝を迎えることができます!ぜひ参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました