外食

【広島駅周辺ランチ】電光石火の3Dお好み焼きは女性にもオススメ!

外食
この記事は約4分で読めます。
ゆりの
ゆりの

当記事を開いてくださりありがとうございます!
食・美容・旅行のブログ「ユリノネ」を執筆している”ゆりの”と申します!

当記事では東京進出を果たした広島のお好み焼き”電光石火”について詳しく解説していこうと思います。

「ちょっと変わったお好み焼きをたべたい。」「美味しいお好み焼きを食べてみたい」という人はぜひ当記事を読んでみてくださいね!

Sponsored Links

電光石火とは

電光石火とは、広島県広島駅から徒歩3分のところに位置するお好み焼き屋さんです。

お店はビルの中にあってフロア一帯に多くのお好み焼きやさんが出店しています。

ミシュランガイド広島にも掲載された電光石火のお好み焼きは2017年3月東京進出を果たしました!

電光石火のお好む焼きの特徴としては”ふんだんに使われたたまご”

薄く引かれた生地に野菜をたっぷりのせて卵で包んで仕上げます。

広島のお好み村の店舗は全てカウンター席で席数はそれほど多くないので、多くても4人程度で行くのがオススメです。

ごはん時には30分以上待つ時があるので早めに行くのがオススメかもしれません!

電光石火に行った感想

ゆりの
ゆりの

次に実際に電光石火に行った感想を書いていきます!

メニューに関して

上記が電光石火の基本メニューと追加トッピングのメニューになります。

電光石火のお好み焼きの見所は何と言っても”3D”

ボリュームがあり、1つ注文すればたちまちお腹がいっぱいになります。

全てのお好み焼きで”焼きそば麺”にするか”うどん麺”にするかを選ぶこともできるので、好みで好きな方を選びましょう!

広島風を味わいたい人は”焼きそば麺”を選ぶと良いでしょう!

上記は電光石火のお好み焼きのスペシャルメニューになります。

スペシャルメニューは全部で7種類950円から1400円の範囲で価格設定がされています。

自分では考えつかないトッピングの組み合わせが決めてあり、パンチの効いた味を楽しむことができます。

名前も非常に個性的で、どれも気になってしまうので知らず知らずのうちに何度も訪れてしまいます。

お好み焼き以外にも一品料理が置いてあるので酒のつまみとしても楽しむことができます!

広島の特産品であるコウネや牡蠣を使った料理もあるので、電光石火に来るだけで様々な広島の食材を食べることができます。

鉄板を使用して作る一品料理はどれも鉄板による上質な熱が通っており、お家では再現できない柔らかな素材そのものの味を引き出してくれます。

ドリンクの種類も非常に豊富なので仕事帰りのちょっとした呑みに最適です!

広島県のお酒である”賀茂泉””雨後の月”なども置いているのでドリンクでも広島っぽさを感じることができます。

料理に関して

まずは電光石火の看板メニュー”電光石火”の紹介をしていきます。

中には豚肉や野菜の他に大葉がアクセントとして入っていて、一般的なお好み焼きより粉っぽさと男っぽさがなく女性の方でもあっさりと食べることができます。

生地よりは麺の方が多い感じで、中に入っている野菜の量も多いので体にも良さそうです。

焼くときは目の前の鉄板で焼いてくれるので出来たてホヤホヤ熱々を楽しむことができます!

見た目以上にボリュームがあるので少食の女性などは2人で1枚を頼んでもいいかもしれません。

上記は一品焼きの中で一番おすすめな”焼き牡蠣のバター味”です。

鉄板の上で蒸し焼きされたかきにはバターの風味がしっかりついていました。

また、味もしっかりプリプリしているので口に入れると下記の粒の大きさを感じることができます。

牡蠣独特の生臭さは全くないので、「牡蠣が生臭くないか心配」という人でも安心して食べることができます。

提供時間に関して

電光石火は非常に人気のお店です。

よってご飯時には席に案内されるまで30分ほど待たされることがあります。

また座った後も、焼き上がるまでの20分ほど待つので観光の際には余裕を持っていくのが良いでしょう!

合計2時間程の余裕を持っていれば絶対安心と言えます!

アクセス・営業時間・電話番号

営業時間10:00-22:30
電話番号082-568-7851

電光石火は広島駅から徒歩3分のビルの中にあります。

場所は少しわかりづらく在来線の改札を出たら、右に進みエスカレーターを降りて外に出たら右に向かって道なりに進みます。

信号を渡ってすぐの建物の5階に電光石火があります!

さいごに

いかがだったでしょうか?

電光石火のお好み焼きはふわふわで食べた感じも軽く本当に美味しいです。

広島だけでなく東京でも食べることができるので、木になる方はぜひ一度食べてみてくださいね!

ゆりの
ゆりの

最後までお読みいただきありがとうございました!

当ブログでは他にも食べ物の記事をあげているのでぜひ読んでみてくださいね!

以上ゆりのでした!

タイトルとURLをコピーしました