美容

ピアスを開けるのにオススメの時期と安定までにかかる期間を徹底解説!

美容
この記事は約5分で読めます。

ピアスを開けたい人にとって気になるのは安定までにどれくらいの時期がかかるか、開けるのはどの時期がいいか、痛くはないかなどのことですよね!
本記事では特に安定までにかかる期間に注目して上記の悩みを全て解決していくのでぜひ参考にしてみてください!

Sponsored Links

そもそもピアスを開ける時って痛いの?

ピアスを初めて開ける人にとって、「開ける時痛いかどうか?」というのは非常にきになることですよね…
筆者も初めてピアスを開ける時にそのような不安がつきまといました。
その経験をもとにピアスの痛さ今表現すると、輪ゴムで強めにパッチンされた時の痛さと言えるでしょう!

よって、ピアスを開ける時の不安は言うなれば「注射を受ける前の緊張感」に似ており、終わってみるとそんなに痛くなかったという人の方が多い印象です!
なので、これからピアスを開けるという人は痛さの不安にビビらず思い切って病院を予約して見てくださいね!

安定までの期間を総ざらい

それではピアスを開ける時に一番不安な痛みに関して改善したところで、早速ピアスを開けてから安定までの変化を解説していこうと思います!
これを知っておくことで無理にファーストピアスを外すなどと行ったことを行わなくなるはずなので是非参考にして見てくださいね!

数日から2週間後

まずピアスを開けた日から3日後までは耳に少々の痛みを感じることがあります。
2週間後までは1時間程度外したくらいでもすぐに塞がってしまうので注意してください!
特にアルバイトやお仕事でピアスを取る必要がある人は注意が必要です。

この際は太めで透明の樹脂ピアスなどをファーストピアスとして使用することで難を逃れるようにしてくださいね!

1ヶ月〜2ヶ月

そして1ヶ月後には表皮ができて人によっては数時間外していても大丈夫なくらいになります。
これくらいになるとつい調子に乗ってファーストピアスを外して他のピアスをつけ始める人がいますがこの行動は厳禁です。

そうしてしまうと、せっかく表皮ができていたピアスホールの穴が破けて血が出てきてしまいます。こうなるとまた振り出しに戻ってしまうのでぐっと我慢してファーストピアスはいじらないようにしましょう!

2ヶ月〜3ヶ月

2ヶ月目になると表皮の下がさらに安定してきます。この状態になるともう少しの辛抱で早い人では他のピアスをつけ始めれるようになってきます。

ここで落とし穴があるのですが、例え他のピアスをつけれたとしても注意が必要です。

ファーストピアスは一般のピアスに比べ太めに作られています。この段階で少し細めの普通のピアスをつけてしまうとピアスホールが小さくなってします可能性があります。
よって、どうしても新しいピアスをつけたいという人は仕方ありませんができるだけ我慢するようにしてくださいね!

3ヶ月以降

3ヶ月後になるとある程度の人はホールが安定してきます。数ヶ月の間我慢してきた賜物ですね!

これからピアスホールを開けるという人も3ヶ月後にしっかりと安定したホールを得るためにできるだけファーストピアスを外さないようにしてくださいね!

また、個人によって皮膚の再生能力は違っており、残念ながら3ヶ月経っても安定しない人もいます。

最長6ヶ月程度かかる人もいますが、しっかり我慢してファーストピアスをつけていれば短くすることはできるので特に耳たぶが厚い人はできるだけ外さず我慢するようにしてください!

✔️安定までの期間のまとめ
〜3日目:耳にジンジンとした痛みを感じる
〜2週間:ファーストピアスを外すとすぐに塞がる
〜2ヶ月目:表皮ができてくる
〜3ヶ月目:さらに安定してくる
〜4ヶ月目:早い人は外しても大丈夫なくらいになる

ピアスを開けるのにオススメな時期

次にピアスを開けるのにオススメな時期をご説明していきます。
一般的にピアスを開けるのにオススメな時期は秋もしくは冬だといわれています。

なぜなら秋や冬は比較的涼しく、ピアスと耳の間が蒸れやすくなるのを防いでくれるからです。
ピアスと耳の間が蒸れてしまうと、膿ができてしまったり不快感を覚えてしまったりと良くないことが数多く起こります。
よって、ピアスを開ける際には秋や冬の季節を選ぶようにしましょう!

ピアスホールの安定を見極める方法

ピアスホールが安定したかわからない人のためにピアスホールが安定したか見極める方法をご説明していきます。

ピアスホールに少ししこりを感じるようになる

ピアスホールがしっかりと安定すると、耳たぶを揉んだ時にしこりを感じることができます。
こう感じた場合はピアスホールがしっかり安定している証拠です。
よって、ピアスホールが安定しているか確認したい人はピアスホールにしこりがあるかを確認するようにしてください!

血や液体が出ないようになる

ピアスホールが安定していない場合、ピアスを動かしたり少しでも突き刺したりすると血や液体が出てきます。
この状態だとまだピアスホールが安定していない証拠なのでゆっくりのんびりと安定を待つようにしてください。

少し小さめのピアスに変えた時に穴が縮まらない

最後に紹介するのは少し小さめのピアスに付け替えてみるという方法です。
少し損失を生む方法ですが、ピアスホールが固まっておらずファーストピアスをはずし、普通のピアスをした場合、ピアスホールが少し小さくなってしまいます。

この状態とまだピアスホールが固まっておらず、安定していない証拠です。もう少しに期間だけ我慢して待つようにしてくださいね!

他にもピアスが安定しているかを確認する方法はあるので書き記事も参考にしてみてくださいね!

【おまけ】自宅と病院はどっちがいいの?

ピアスを開ける際に悩むのは自宅で開けた方が良いか病院で開けた方が良いかという問題ですよね。
答えは圧倒的に病院です。

特に初めてピアスを開ける人の場合、不安にかられながら自宅でピアスを開けてしまうと予想してなかったところに穴が空いてしまうということが起きるので初めて開ける際はきちんと専門機関に行くようにしましょう!

また、2回目に開けるときは専門機関でなく自宅で開けても良いかもしれません。
2回目の際は手順もわかっており、またピアスを開ける際には悶絶するほどの痛みもないということがわかっているため、始めより安心してピアスを開けることができます。

さいごに

いかがだったでしょうか?

初めてピアスを開けるとなると痛いのではないだろうか?安定まで待つことができるのだろうか?と様々な不安がよぎりますが、ピアスを開ける際はノリと勢いです。

病院で開ければゴムパッチンをされたくらいの勢いで開けることができるので予防接種のいきおいで開けるて見るようにしてくださいね!

ゆりの
ゆりの

最後まで読んでくださりありがとうございました!当ブログでは他にも美容系の記事を掲載しているので是非読んでみてくださいね!以上”ゆりの”でした!

タイトルとURLをコピーしました