work

アクセンチュア株式会社に転職しました

この記事は約3分で読めます。

新卒から約1年半お世話になった会社を退職して、アクセンチュア株式会社に入社いたしました。第二新卒で転職活動を行い、数社内定をいただいた中から自分の方向性と一致する会社として選ばせていただきました。入社初日から感じる違いも大きく、同月入社の中途社員の数だけで前職の社員数の倍以上いることや社内設備、雰囲気、スピード感に刺激を受けつつも、無事初日を終えることができました。

温かい人が多かった前職の良さをひしひしと噛み締めるとともに新天地で頑張ろうという思いも持っている状況です。前職で培ってきた技術面やメンタル面を大切にしつつ、新しい会社でも頑張っていこうと思います。

【前職を辞めた経緯】
私が前職を辞めた理由は大きな会社に行ってみたかったのと第二新卒という時期に転職活動をしてみたいと考えたからです。第二新卒の時期に転職する人は全体の3割だと言われており、この3割に入るのは人として面白いし、人として後輩に語れることが増えるのではないかなと考えました。

さらに、昔からの夢である。海外で働きたい。海外と関わりつつ仕事をしたいと考えた時に前職に留まるよりは、よりグローバルに展開している企業に入ることが、自分の価値観を広げ、キャリアを伸ばすことに繋がると考えました。(日系企業で海外展開しようとしている会社もいいよという意見もありますががまずは外資系企業に入り、価値観を広げることを優先させたいと思います。)

他にも理由はありますが、簡単に説明するとこのような理由で転職することになりました。

これだけでは前職にも現職にも怒られてしまうので、もう1つ理由を述べるとWeb・EC系の業務に携わりたいと考えたからです。前職では保険業界の基幹システムやWebシステムに携わっていたのですが、新卒当初からtoC向けの美容、旅行、物販関連のシステム開発に携わりたいという思いを内に秘めていたので、視野を広げる目的も含めて転職活動をさせていただきました。

前職の上司には「業界は狭いからまたどこかで会うかもね」と言っていただけたり、COOにもお話の時間をとっていただき、心がホッとするようなありがたいお言葉をいただきました。「顧客価値に重点を置いて人のために働く」この気持ちを常に念頭において働いていこうと思います。ありがとうございました。

社会人はみんな大変な思いをしており、それは私も例外ではなく、1年半という短い社会人生活の中でも紆余曲折ありました。数百人規模の会社を動かす側の人たちから普通では聞けないような話を直接聞かせていただき、社外の人たちとも働くことができたため、肌感的には普通の3倍くらいのスピードで成長できたのではないかと考えております。非常に濃い1年半になりました。本当にありがとうございました!

【現職で成し遂げたいこと】
前職で行ったエンジニアとしての経験をもとに、アクセンチュアではよりレベルの高いエンジニア兼コンサルタントを目指していこうと思います。具体的には技術もできて、顧客折衝もできるような人間になることです。

新卒当初はただ人が大好きでお喋りでロジカルのロの字もない人間でしたが、エンジニアという経験を通して、ロジカルな人間に少しだけ近づくことができたかと思います。人と話すことは大好きなので、顧客価値を考えて、お客様のニーズ正確にヒアリングでき、手も動かせるようなプロフェッショナルなエンジニアになっていきたいと思います。

簡単ですが、転職報告でした。
ご質問等あればコメントなどいければ、追記していきます。
よろしくお願いいたします!

タイトルとURLをコピーしました