旅行

【アートな島】直島日帰り観光の所要時間やモデルコースまとめ!

旅行
この記事は約4分で読めます。

アートがあふれる島としてインスタグラムでも有名になっている直島。本記事では実際に直島観光をした筆者がモデルコースや所要時間などをまとめます。ぜひ参考にしてくださいね!

Sponsored Links

”アートがたくさん!直島ってどんなとこ?”

直島は香川県と岡山県の間にある離島で、両県からフェリーで行くことができます。

島内には多種多様なアートが存在。ベネッセの創業者である福武哲彦さん「瀬戸内海の海に世界中の子供達が集える場を作りたい」という思いで建設されました。

シンボルは『赤かぼちゃ』日本を代表する現代アーティストである”草間彌生”さんの作品で、彼女自身はユニクロやルイ・ヴィトンなど有名ファッションブランドともコラボしています。

島内の建築物はどれも独特の個性があり、アート好きの人にはたまらない名所です。

直島に行くにはフェリーを利用します。所要時間は約20分。船体は非常に大きく、テーブル、椅子も設置してあるので座って海を眺めることもできます!風が心地よく、磯のかおりもするのでリラックスすることができます。直島へのワクワクを増進させてくれる有意義な時間になること間違えなしです!

宮ノ浦エリア

上陸後お出迎えしてくれるのは赤かぼちゃ。直島の代表アートで非常に大きく、3mくらいはありそうです!内部に入ることもでき、さまざまなインスタ映え写真が撮れそうです!

次は”直島パヴィリオン”です。町制施行60周年記念で制作され、27島からなる直島諸島の「28番目の島」をコンセプトにしています。構成は約250枚のステンレス網。写真のように内部に入ることができます!内部に入った時は大舞台の主役のような気分になり、写真を撮らずにはいられません!

島内では猫を見かけることもあります。時間がゆっくりと流れており、街並みの中でさまざまな写真を撮ることができます!

レンガの壁に手作り看板が立てかけてあったり、コイが泳いでいたりと、アート以外にも見どころが満載なのが直島宮のうちエリアです!

宮の内エリアの観光が終わったら、次はレンタル自転車を借りて美術館エリアに行きましょう!自転車は宮の内こう300円〜1000円で借りることができます!グレードによって自転車の料金が変わってくるので好きな自転車を借りるようにしましょう!

美術館エリア

美術館エリアにはベネッセミュージアムが建てられており、ここでは瀬戸内の豊かな自然があふれる周辺を散策しながら思いもせぬ作品に出会うことができます!赤かぼちゃの色違いである黄色かぼちゃ、おじさんが椅子に座っているアートなど美術館エリアなだけあり、最も多くのアートがあります。

本村エリア

本村エリアは全区域で「家プロジェクト」を行なっています。点在していた空き家などを改修し、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、空間そのものをアートにしています。1998年に始まり、現在7軒が公開済みになっていて日々進化を続けています!

街全体がどこか懐かしさを感じさせるものになっていながらもおしゃれなカフェなどもあるのでゆっくりくつろぐにはこの本村エリアが最適かもしれません!また、時間もゆっくりと流れていて通りゆく人との交流を楽しむこともできます。

直島観光モデルコース

直島観光のモデルコースを紹介します。

宮ノ浦のみ最短観光コース

✔️所要時間1時間

全エリアじっくり観光コース

✔️所要時間

直島は非常に観光できるところが多いため、全部を回ろうとすると1日かかります!(1日あっても足りないほどです!)島の周囲は16kmで通れるところのルートは10キロちょいなので1時間で一周することができます!

行くときの心得

長めの三脚を持って行こう!

直島にはカメラを設置する場所はありません。三脚をもっていかないと、内カメで撮るはめになってしまいます…通行人も少ないので撮ってもらうこともできません。直島観光に行く際はリュックに入るながめの三脚を持っていくのがおすすめです!(一人旅でインスタ映えする写真を撮りたい人はなおさら!)

車は持っていかなくていい

フェリーで車を持って入ることができるのですが、車は本当にいりません。
理由は2つ。車を持っていくための料金が高いこととレンタルサイクルが充実していることです。
車を持っていくには最低でも片道3230円かかります。往復するだけで非常に高額です。

宮の浦エリアに上陸してすぐのレンタルサイクルでは1日300円から借りれます。低価格なので車をわざわざ持っていく必要はないでしょう。

アクセス

さいごに

いかがだったでしょうか?直島は綺麗なアートがたくさん並んでいて、アート好きにはもってこいのスポットです!ベネッセミュージアム内はホテルにもなっているので是非ゆっくりと観光していってくださいね!あなたの旅行が良いものになることを願っています!

香川県の旅行を考えている人には下記の記事もオススメです!実際に香川旅行をした筆者がモデルコースを詳しく解説したので是非参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました