自炊

【豆知識】パンケーキとホットケーキの違いを抑えよう!

自炊
この記事は約3分で読めます。

年齢問わず幅広い年代から愛される「ホットケーキ」と「パンケーキ」。甘くて、美味しくて非常に幸せな気持ちになりますよね!でも実はこれらの違いを知っている人は少ないのではないでしょうか?本記事ではホットケーキとパンケーキの違いを紹介していこうと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!

Sponsored Links

パンケーキ

パンケーキ, チェリー, ココナッツ, ミント, デザート, ソース, フルーティー, フルーツ

甘い物好きな女性の中で大流行しているパンケーキ。小麦粉、卵、牛乳、ベーキングパウダーがベースの材料です。生地自体には甘みはついておらず、砂糖などを加えてスイーツとして食べることや、塩を加えて甘さを抑え、食事として食べることもあります。

本来はフライパンなどで焼かれたケーキの総称をパンケーキと呼んでおり、英語に直すと「Pan Cake」です。パンケーキのパンは「底が平たい鍋」という意味なので、底の平たい鍋で焼かれたケーキは、すべてパンケーキになります。

日本では、生地の上にフルーツや蜂蜜などを添えて、スイーツとして提供される物をパンケーキと呼ぶケースが多いです。そのバラエティは非常に豊富でふわふわしたものや薄めのものなど様々な種類があります。

ホットケーキ

パンケーキ, クレープ, 食べる, 食品

一方、ホットケーキは日本で生まれたものであり、製菓会社から販売されるホットケーキミックスは日本家庭に馴染み深いものになっています。家庭でお母さんが作ってくれるおやつというイメージもあり、材料を混ぜ合わせてフライパンで焼くだけで簡単にできます。パンケーキと比べ甘味があり、生地自体に味がついているので何もつけなくても食べることができます。

ホットケーキは家庭で作るものなので凝った盛り付けなどはなされず、チョコレートなどをつけて簡単に食べられるものになっています。

ホットケーキは、日本独自の呼び方で、ほかの国では通じず、「パンケーキ」が世界で通じる言葉です。パンケーキとホットケーキはもともと同じものでしたが、和訳の地点でずれが生じ、ホットケーキという言葉が生まれました。

ホットはアメリカでは「流行の」という意味なので、海外で「ホットケーキ」と言った場合、大流行しているケーキという意味合いになってしまう可能性があります。海外で「パンケーキ」を伝えたい場合は注意が必要ですね!

結局、パンケーキとホットケーキの違いって?

パンケーキのパンは「底が平たい鍋」という意味で、底の平たい鍋で焼かれたケーキはすべてパンケーキと呼ばれるものでした。よって、ホットケーキはパンケーキの一種であり、日本語訳した際に違いが生じたものと考えることができます。

原材料にもほとんど違いがなく、パンケーキの方がホットケーキより甘く作られているようです。

外国で発音する際にはホットケーキといってしまうと違った意味合いでつうじてしまう可能性があるので、パンケーキと伝える必要がありそうです。

そのほかの点では違いがあまりないので、厳密な違いは気にしない方が良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました