食べ物

【完全決定版】芯が残った硬いパスタを柔らかくする方法!

食べ物
この記事は約3分で読めます。
ゆりの
ゆりの

食・美容・旅行のブログユリノネ」を執筆している”ゆりの”と申します!

「ちょっと早くお湯から出してしまってパスタに芯が残っていた!こんなはずじゃなかったのに…」こんな経験はありませんか?大事な日の料理に限ってこんな状況に直面することって多々ありますよね…

本記事では、筆者が今までに挑戦してきた硬いパスタをやわらかくする方法を紹介していきます!ぜひ麺を芯が残ったパスタを茹で上げてしまった人は参考にしてみてくださいね!

Sponsored Links

【ソースを絡める前】

始めに紹介するのは茹で上げたけどまだソースを絡めていない場合の対処法です!

①フライパンを使用する方法

1つ目は少しお湯を足してフライパンで温めなおす方法です。火にかける際は弱火でかけていきます。強火で火にかけてしまうと芯まで熱が入る前に水分が蒸発してしまうので気をつけましょう!

火にかける前にお湯を足さないとからっからな麺になってしまうので、必ずお湯を足してフライパンにかけるようにしてくださいね。

②電子レンジを使用する方法

2つ目はお湯を少し足してラップをし、電子レンジにかける方法です。まず、30秒ほどかけてみて足りなければ追加していきましょう。電子レンジは物体の中心から温める性質があります。かけすぎると麺がべちょべちょになるので注意しましょう。

レンジにかけたのちに少し放置すると芯が取れおいしく召し上がることができます。個人的にはフライパンで温めなおすよりも簡単におこなうことができ、調節もしやすいので電子レンジの方法をオススメします。

【ソースを絡めた後】

次にソースをかけてしまった場合の対処法を説明していきます。ソースを絡めてしまった場合は単純にお湯を足して温めると、味が薄くなってしまうのでソースの味に配慮して水分の足しましょう。

トマトソースパスタの場合なら茹で汁を足すと同時にケチャップを足す。明太子パスタであればお湯の代わりに牛乳とバターを入れて温めなおすなどパスタの種類に合わせた工夫が必要です!

パスタを美味しく茹でる方法

せっかくの機会なのでパスタを美味しく茹でる方法もご紹介していきます!この方法を習得するだけで日頃作るパスタが非常に美味しいものになるので是非習得してみてください!!

①沸騰した水を用意する

まずに沸騰したお水を用意します。パスタ100gに対しお水は1Lほどが的確です。大量のお湯で茹でることでパスタ同士がくっつくのを防ぎます。

②塩を入れる

次にお湯に塩を入れていきます。塩の量は「お味噌汁にしたらちょっとしょっぱいって怒られるくらいの量」です。確認しながら入れていきましょう。しっかりと麺に塩気をつけることで味のしっかりとしたパスタに茹で上げる事ができます。

麺に塩分をつけるのでソースに塩味をつける必要はありません。ソースに塩分をつけたい人はパスタを茹でる際の塩分を押さえましょう。

細めの麺を茹でる際は通常より塩味を強く感じます。通常の分量だと塩っぽくなりすぎてしまうので、茹で汁の塩の量は薄めにしましょう。

③目的に合わせてゆで時間を変える

冷製パスタを茹でる時は、芯が残らないように時間通りに茹でましょう。表示時間通りか少し長めに茹でてすぐ水で締めます。こうすることで麺が伸びるのを防ぎ歯ごたえをよくすることができます。

暖かいソースと絡める時は表示時間よりも少し短めに茹でましょう。芯を残すことで絡めるときに調節できます。フライパンにてソースを絡めている間に麺が伸びてしまわないように工夫してください。

最後に

以上が固く茹でてしまったパスタを柔らかくする方法と美味しいパスタの茹で方でした。ぜひ参考にしてくださいね!

✔️関連記事

ゆりの
ゆりの

最後まで読んでくださりありがとうございました!当ブログでは他にも食べ物系の記事を掲載しているので是非読んでみてくださいね!以上”ゆりの”でした!

タイトルとURLをコピーしました