自炊

ソーセージとウィンナーとフランクフルトとボロニアの違いを徹底解説!

自炊
この記事は約4分で読めます。
ゆりの
ゆりの

当記事を開いてくださりありがとうございます!

食・美容・旅行のブログ「ユリノネ」を執筆している”ゆりの”と申します!

みなさんソーセージは好きですか?何気なく食べているソーセージ…これにはたくさんの種類があるんです。

本日はソーセージとウィンナーとフランクフルトとボロニアの違いを解説し、さらにAmazonで購入できるオススメのソーセージもご紹介していこうと思うので是非参考にしてみてくださいね!

Sponsored Links

ソーセージって何?

ソーセージとは豚肉や牛肉などを香辛料と練り合わせ動物の腸に詰めた加工食品のことです。ねりあわせる香辛料はブラックペッパーやハーブなど様々な種類があり、香辛料を混ぜることによって味の違いを楽しむことができます。

ソーセージはその歴史がはっきりしていませんが、今から3500年前にエジプトの中近東のバビロニア地方でソーセージらしきものが食べられていたという伝承があります。ほかにも類似の伝承があるため推測的にソーセージの歴史は3000~3500年前に始まったとされています。

ソーセージの語源はラテン語「salsus」からきていると言われており、その意味は「塩漬けして貯蔵された肉」です。

ソーセージには使用する腸の種類や肉を詰めた後の太さによって様々な種類があり、ウィンナーやフランクフルトやボロニアもその種類の一つです。主にソーセージの種類としては上記の3種類のものがあるので以下ではこの三種類について説明していきます。

ウィンナーソーセージ

ウィンナーは正式名称をウィンナーソーセージと言います。肉を詰める腸には羊の腸を使用していることが多く、羊の腸でない場合は太さが20mm未満のものを指します。羊腸を使用しているので、大きさとしてはそれほど大きくないものが多くよく朝ごはんに出てくるソーセージがウィンナーに値します。調理方法にもよりますが、食感としてはパリッとしたものが多くこの独特なパリッと感が好きだという人も多いようです!

フランクフルトソーセージ

フランクフルトは正式名称をフランクフルトソーセージと言います!肉を詰める腸には豚の腸を使用していることが多く、豚の腸でない場合は太さが20mm以上36mm未満のものを指します。豚の腸はパリッと感があまりありませんが、直径が太く肉がぎっしり詰まっているので肉々しさを十分に感じることができます。商品によっては噛んだ瞬間に肉汁が溢れ出してくるので服に飛び散らないように注意が必要です。代表的な料理としてはアメリカンドックなどがあります。フランクフルトまでの大きさになるとボリュームが大きくなってくるのでフランクフルトをメインに料理が目につくようになってきます。

ボロニアソーセージ

ボロニアとは正式名称をボロニアソーセージと言い、肉を詰める腸には牛の腸を使用していることが多く、牛の腸でない場合は太さが36mm以上のものを指します。ボロニアソーセージはその太さからスライスして使用することが多いです。シンプルに焼いてみたり、おにぎらずにしてみたり、白ワインのおつまみにしてみたりと癖がないので様々な使い方ができるのが特徴です!

ウィンナーとソーセージの違いまとめ

日本の場合、JAS(日本農林規格)によると、肉の種類や燻煙の有無等には関係なく、ある一定の基準で作られたソーセージを下記のように分別しています。

名称ウィンナーフランクフルトボロニア
腸の種類
直径<20mm20mm<x<36mm<36mm

ウィンナーとソーセージとボロニアの定義は上記のようになります!腸の種類の定義と直径の定義は両立する必要はなく、羊の腸であれば20mm以上でもウィンナーと認定されます。

ソーセージの種類にはこのように明確な違いがあるのでぜひ覚えてくださいね!

オススメのソーセージたち

様々なソーセージを楽しみたい場合にはギフトセットを購入するのはいかがでしょうか?一見ギフトセットと聞くと贈り物に購入するイメージがありますが、自分のために購入することで日頃の自分への些細なご褒美にすることができます!ソーセージは非常に値段が高価でひとパックが700円ほどすることも多いのでこのギフトセットは非常にお買い得なのではないかと思われます!

最後に

いかがだったでしょうか?

ソーセージは動物の腸など肉を詰めたものでその種類にウィンナー・フランクフルト・ボロニアなどの種類があることがわかりましたでしょうか?

ぜひ違いを抑えて的確な言葉を使用するようにしてくださいね!

ゆりの
ゆりの

最後まで読んでくださりありがとうございました!当ブログでは他にも食べ物系の記事を掲載しているので是非読んでみてくださいね!以上”ゆりの”でした!

タイトルとURLをコピーしました